Japanese Institute of Career Development

キャリア開発カウンセリング講座

  • HOME »
  • キャリア開発カウンセリング講座

キャリア開発カウンセリング講座

「ライフデザインアプローチ サビカス理論・技法の紹介」 2014年10月16日

~不確実な時代のキャリア開発、キャリアカウンセリングを学ぶ~

現代社会のキャリアを象徴する言葉は、無境界性と変幻自在でしょう。ますます未来を予測することが困難な時代になっていきます。そのような時代に必要となるのは、個人のキャリアデザインをすることです。個人のキャリアデザインは、会社の責任や社会の責任ではなくて、個人の責任となりました。

今回のワークは、サビカス(Mark L. Savickas)が提唱する「キャリア開発のナラティブアプローチ」に焦点を当てます。キャリアデザイン(設計)をするために必要な要素は、舞台の設定、役者の役割、筋書や台本の設定、意図・意味、モデルです。これらすべての要素をまとめるのが、ライフテーマです。ナラティブは、個人の人生で起きるさまざまでランダムな出来事を結び付ける一本の金の糸です。この金の糸を発見することが、ライフテーマの発見になります。

今回のワークでは、ナラティブアプローチによって、これらの要素(舞台、役者、台本、テーマなど)を統合する方法を学びます。

lda

btn_pdf_off

PAGETOP
Copyright © 日本キャリア開発研究センター All Rights Reserved.